新卒求人情報!

カッコイイ編集者

テレビやドラマなどの役柄でもよく「編集者」を見ます。
編集者というのはバリバリに働いていて、かっこ良く見えます。そのため、将来の夢は「編集者になりたい」という人もいます。
編集者というのはよく耳にする業種ですが、具体的にはどういった仕事をしているのでしょうか?
編集者というのは、マンガ、雑誌、小説などを企画して制作する仕事となります。
こういった仕事をするためには出版業界へ就職します。ただ、出版業界は人気が高いので競争が激しいです。
ただ、自分の夢を叶えるために、努力を惜しまず頑張りましょう。

出版業界で働くということになれば、まず「入社して何をしたいのか?」ということを明確にしておきましょう。
編集者と言っても様々な仕事があります。小説の編集をしたいのか、マンガが良いのか、雑誌が良いのか…ということで就職先は大きく変わってきます。基本的に、小説やマンガに携わりたいということであれば出版社、雑誌であれば、出版社だけではなく編集プロダクションという選択肢もあります。
どんどんと、インターネットが浸透しているので書籍を購入しない人が増えています。また、近年では小説を読まない人が減少しているので、どんどんと需要は少なくなってきています。
この環境で就職するのは簡単なことではありません。
そのため、出版社に就職したいと考えているのであれば、それなりの勇気と覚悟が必要です。
簡単な仕事ではありませんが、その分やりがいがあります。
多くの人から尊敬されるプロの編集者になるために、これから頑張っていきましょう。

業界の基本

出版関連会社で働きたいと考えているのであれば、まずは、出版について知る必要があります。ここのページでは出版会社の仕事内容の基本になってくる編集について紹介します。

   
 

仕事内容

出版業界といっても非常に幅広い仕事内容となります。ここで、出版業界にはどういった仕事があるのか?また、それぞれの業種でどういった仕事をするのか?ということを紹介します。

仕事探し

出版業界の仕事を探すとなれば、どのような方法で仕事を探すこととなるのでしょうか?効率的に仕事を見つけることが出来るように、仕事の探し方についてお教えしておきます。

働くために

出版業界で働くためには、どのようなスキルが必要となるでしょうか。必要なスキルを身に付けておくことで、自分の夢が叶います。あこがれの仕事に就くために必要なスキルをご紹介します。

バイトから始める

就職の時期には、多くの人が求人へ応募します。その時、特化した才能や知識がなければ出版社での採用はむずかしいでしょう。ただ、採用される可能性を高めるために、学生からアルバイトをするという方法があります。